ミニマリスト

【ミニマリスト】お風呂をキレイに保つための秘訣andお風呂グッズを紹介

お風呂は毎日使う場所。だからこそ、汚れも溜まりやすく、汚れが溜まってからではそうじが大変。。。

まずは、お風呂に置くものを減らして、汚れが付きやすいところも減らすことが大切。

そして、毎日簡単にそうじをすることを習慣化することで、大掃除を楽にして、毎日気持ちよくお風呂に入れたらいいでよね。

今回は、お風呂に置いている最低限のものと、お風呂から出る前にしている簡単なそうじをご紹介します。

スポンサーリンク

お風呂をキレイに保つためのミニマムなお風呂グッズ

1.全身シャンプー

2.クレンジング

3.トリートメント

4.洗顔ブラシ

5.ウロタマクリーナー

6.スクイージー

7.おそうじブラシ

8.マグネットバスルーム物干しホルダー

1.全身シャンプー

 

髪の毛、体、顔はこれ1本で洗います。たくさんの容器を置かないことで、容器の下に残った水分が汚れにならないようにしています。

全身シャンプーは泡タイプのものなど、最近は色々と出ています。

泡立ちや洗浄力、匂いや洗い上がりの感じなど好みがあると思います。

私も色々と試しているところなので、お試しの時は無駄なく使い切れる少量タイプから挑戦

2.クレンジング

しっかりメイクの時には、入浴前に拭き取りのクレンジングを。

最近はマスクでメイクが薄いこと、元々肌が弱いので、ゴールデンホホバオイルでクレンジング。

クレンジング後も肌がしっとりで、メイク残りもありません。

3.トリートメント

今の全身シャンプーはあまり気になりませんが、種類によっては髪がきしむことがあったので、使用することも。

あまりこだわりはありませんが、チューブタイプなので、棚との接着面積が少なく、毎回さっと洗い流せるのは良いところです。

4.洗顔ブラシ

貝印の高密度洗顔ブラシ プレミアムタイプを愛用中。

やわらかい毛が顔をやさしく包んでくれます。

きめ細かい泡をたっぷりつくってくれるので、顔だけなくデコルテなどもその泡で洗います。

もともと、紐付きで使用後はそのまま浴室に吊るしておくだけで、しっかり乾きます

5.ウロタマクリーナー

ご存知の方が多いと思いますが、これ1本で家中のお掃除ができるマルチクリーナー‼

水アカも油汚れもOKで、素手で使えるというのが、肌の弱い私にはありがたい。

カビキラーみたいに嫌な匂いもしません。

6.スクイージー

赤カビを増殖させないためにも、水分を残さないことが大事。

これで簡単にお風呂の水切りを!

7.おそうじブラシ

浴室そうじ用のブラシ。

これで、浴室全部を掃除します。

持ち手があるので、握りやすく、力も入れやすい!

持ち手に、穴があるので、S字フックに引っ掛けて、吊るしているため乾燥もしやすいです。

8.マグネットバスルーム物干しホルダー

これから梅雨時期は特に部屋干しが増えますよね。

今回引越したら、浴室には浴室乾燥用の物干しが1本のみでした。。。

洗濯物が多い時、寝具なども洗濯したときには、1本では足りないこともあります。

このマグネットバスルーム物干しホルダーは、浴室の壁がマグネット対応であれば、好きなところにくっつけて使用できます。必要な時に、ポールをとりつけて、2本使用します。

仕事に行く前や寝る前に洗濯物を干して、浴室乾燥におまかせ‼︎

部屋干しのように、部屋全体の湿気も気になりません。除湿機などを購入するより、私はこのマグネットバスルーム物干しホルダーをつけて、浴室乾燥をフル活用。

お風呂をキレイに保つため入浴後のそうじの秘訣

湯船のお湯を抜いたら、すぐにブラシで浴槽をさっと洗う

お湯を抜いてすぐであれば、洗剤を使わなくても、ブラシでこするだけで浴槽がキレイになります。

ブラシでサッと洗ったら、シャワーで流すだけ!

気になる部分をブラシで洗って、スクイージーで水をきる

浴槽以外も気になるところをサッとブラシで洗います。

そして、スクイージーで水をきって、浴室を出ます。

浴室を出たら、浴室乾燥ボタンをオン。24時間換気をしていますが、出てすぐに一気に乾燥することでカラッとします。

スポンサーリンク

【番外編】

お風呂から出る前にそうじをするので、入る時はお湯を溜めるだけ。

でも、入る前に1つすることが‼完全に乾燥している状態で、排水溝に溜まった髪の毛などをティッシュで拾ってポイ。

乾燥している状態のほうが、ゴミが取りやすく、手が濡れることもほぼありません。

ちなみに、ポイするティッシュは、路上などでもらったポケットティッシュを使用しています。ポケットティッシュって、なかなか減らないし、使いみちって少なくですか?

私は、お風呂や洗面所の排水溝のそうじなどに使用しています。

物を減らして、簡単そうじ

浴室に置くものを減らして、そうじがしやすい環境に‼

お風呂のついでに、そうじする習慣がつくことで、キレイを保つことができます。

あとから、濡れながらそうじするより、身体が濡れてるついでに短時間そうじを。

ジメジメする時期。。。浴室の物やそうじを見直してみることで、年末の大掃除が楽になるかもしれません。

 

スポンサーリンク