人物

【2021最新】ショーンKの現在は?長野県軽井沢で生活!復帰の可能性も?

ラジオパーソナリティーやナレーター、タレントとしても活躍していたショーン・マクアードル川上さん。

学歴詐称報道でメディアには出なくなりました。

そんなショーンKさんの現在や復帰の可能性についても調査してみました。

スポンサーリンク

 

【ショーンK】学歴詐称で干された?!

2016年3月に週刊文春にショーンKさんの学歴詐称について報じられました。

文春の記事は、ホームページ上の英文のプロフィールに記載されていた内容に間違いがあったことを指摘したもの。ショーンK氏側は、テンプル大学の学位について「海外を遊学後、大学には戻りませんでした」、ハーバード・ビジネス・スクールのMBAについて「一般社会人にも公開されているセミナーを聴講した程度」などと誤りを認めた。

引用:マイナビニュース

 

内容としてはコチラです。

公式ホームページ「SEAN K」の英文プロフィールには長年にわたり、記述があった学歴が異なる内容だった。

  1. テンプル大学でBA(学位)⇒「学位は取っていない」
  2. ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得⇒オープンコースの3日くらいのコースに1回行っただけ
  3. パリ第1大学に留学をした⇒オープンキャンパスに行っただけ

報道を受けて、ショーンKさんは出演番組への自粛を発表しています。

スポンサーリンク

 

【2021最新】ショーンKの現在は?

学歴詐称について報じられたショーンKさん。

報道後、ショーンKさんはどこで何をしているのでしょうか。

出演していた番組は降板し、決まっていた仕事も出演自粛され、その後メディアでは観なくなったショーンKさんの現在が気になります。

【ショーンK】長野県軽井沢で生活?

ショーンKさんは現在、長野県軽井沢にある知人の別荘で生活をしているという噂があります。

メディアからのバッシングから逃れるために長野県軽井沢を選んだのでしょうか。

ボロボロの精神状態を静かな場所で休ませようと思ったのでしょうか。

【ショーンK】都内に戻ってきている!

しかし長野県軽井沢での生活後に、また東京に戻っているようです。

騒動から1年半。その彼が都内に舞い戻っているという。

「彼はいまも騒動時に所属していた事務所に在籍しています。事務所社長の紹介で都内の不動産会社に“顧問”として籍を置いていて、毎月50~60万円の給料をもらっていると聞いています。不動産会社にたまに出社もしているそうです」(芸能プロ関係者)

引用:女性自身

ショーンKさんは今も騒動時に所属していた事務所にいまも在籍しています。

その事務所社長の紹介で、不動産の仕事をしているようですね。

10月下旬のある日、都内の高級マンションから大きなマスクをして顔を隠した男性が出てきた。間違いなく、ショーン本人だ。

引用:女性自身

少なくとも2017年10月には都内でショーンKさんが目撃されています。

復帰も視野に都内で仕事をしているという噂もありますが、真相はどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

 

【ショーンK】復帰の可能性も?

学歴詐称報道後、2018年1月1日放送の、TOKYO MX元日特別番組「世界見聞録~モンゴルで経済と豊かさを考える旅」で、1年10ヶ月ぶりにテレビ出演されています。

しかしその際、ショーンKさんはこれからも、メディア活動を積極的に行う意思はないことを表明しています。

一方で、社会的意義のある企画には参加したいとも発言したショーンKさん。

番組では、一方で、「国の経済成長とそこに暮らす人々の幸福感を探るという企画趣旨、優秀なスタッフの皆さんの熱意に賛同し、貴重なプロジェクトへの参画機会をいただきました。今後もライフワークとして、このように社会的にも意義のある企画があれば、ぜひ参加させていただきたいと思っています」との意向を示している。

引用:マイナビニュース

容姿だけではなくそつないトーク力や、長年の経歴詐称。

そんな努力の結果なのか、数々の番組にレギュラー出演し、知名度を上げたショーンKさん。

今後は目立ったメディア出演はしないようですが、しばらく出演しないことで価値を高めて復帰の時期をみているということもあるのかもしれません。

【ショーンK】昔のあだ名は『ホラッチョ川上』

地元熊本では、昔からホラを吹くことが良くあったそうであだ名は「ホラッチョ川上」と呼ばれていたと噂になりました。

しかし、熊本弁には『ホラッチョ』という方言はないようです。

元ネタは『ビートたけしのオールナイトニッポン』でビートたけしが「ホラッチョ宮崎」という芸人をよくネタにしていたことから来ている、と言われています。

ショーンK氏もブラスバンド部でトランペットを吹いていた、という所から「ホラッチョ川上」というあだ名になったのではと言われています。

【ショーンK】言動に違和感があった?

ショーンKさんに対して、タレントの加藤浩次さんが番組内で「言っていることに疑問があった」と、何度か言動に違和感があったことを明かしています。

内容としてはコチラです。

  • なんとなく的を得ていない様子
  • 言ってることに疑問があった
  • 納得いかなかった

しかし一般的には高評価で知識を持っていて、わかりやすい説明、聞き取りやすい声のショーンKさん。

経歴は嘘だったとしても、確実にコンサルをできる実力は持っていたとの声も多くあります。

経済や経営学だけでなく、政治学に関しても長けているとの評価もあります。

顔や頭の良さ、喋りや雰囲気など全て完璧のようでしたが、経歴詐称をしてしまったことで活躍がみれなくなったことが残念です。

スポンサーリンク

【ショーンK】プロフィール

名前ショーンK
本名川上 伸一郎(かわかみ しんいちろう)
生年月日1968年3月21日(53歳:2021年6月現在)
職業ラジオパーソナリティー、ナレーター、タレント
スポンサーリンク

 

まとめ

ラジオパーソナリティーやナレーター、タレントとしても活躍していたショーン・マクアードル川上さん。

学歴詐称報道でメディアには出なくなりました。

そんなショーンKさんの現在や復帰の可能性についても調査してみました。